otona-text-1

20代後半~30代・40代におすすめのファッション書籍!「大人のための私服の教科書」


三十路が段々と近づいてきてますw

30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです^^

今回はおすすめ書籍の紹介。

「大人のための私服の教科書」

otona-text-1

このブログでも何回も言ってますが、メンズファッションでおしゃれに見せるコツは、「キレイとカジュアルのバランス」です。

これって言葉で言うのは簡単なんですが、抽象的で曖昧な表現なんです。

僕も言ってて「あまり伝わってないだろうなー」と感じてますしねw

それくらい言葉で説明するのが難しいことなんですけど、この本は「キレイとカジュアルのバランス」を上手く理論的に分かり易く説明してくれてます。

この本は、ぜひ手に取って読んでほしい良書!おすすめです^^

スポンサーリンク


ファッションってどうすればいいのか分からない!そんな人に読んでほしい本

今回紹介する「大人のための私服の教科書」は、簡単に言うとコーディネート指南本です。

おしゃれなファッションの基本は、「スーツを着崩すこと」

仕事で使う服はスーツ。冠婚葬祭、正装で使う服もスーツ。

スーツとは究極のおしゃれ着といっても過言ではありません。

メンズファッションの最高のおしゃれはスーツ。

ただそれを普段も着るのはちょっと周りから浮きますよね。。

私服もスーツはさすがにイヤですよね。。

なのでプライベートやカジュアルな時のファッションは、スーツほどカッチリしてはいないんだけれど、スーツを着崩すイメージのようなファッションを纏いましょう、というのがこの本が主張しているところです。

スーツ=10K値、私服=6~7K値

「K値」とは本書の中だけに出てくる値。「K」=「カッチリ、キレイ目」という意味で使われています。

最高のおしゃれであるスーツを10K値とし、プライベートやカジュアルなファッションはこの10Kからキレイ度、カッチリ度を引いていき、6~7K値にしていく。

  • スーツを着崩したファッション
  • スーツよりはカジュアルだが、どっちかというとキレイ目なファッション
  • キレイとカジュアルのバランスが取れたファッション

が、6~7K値のファッションだということです。

具体的な数値で表されているので読んでて分かり易いなと率直に感じました^^

(僕にはこうやって数値で表すなんて発想はありませんでしたw)


6~7K値のファッションって具体的にどんな感じ?

本書を見ながら、今まで撮ってきたコーディネート写真の中から6~7K値のファッションを選んでみました。

knit-vest-1

こんなニットベストのコーディネートや、

soutien-collar-1s

ステンカラーコートを使ったコーディネートも当てはまります。

これらのコーディネートが本書で言う、7~8K値のファッションに分類されます。

(改めて見返してみると、このブログはカジュアルなファッション・コーディネートが多めですねー)

自分のファッション・コーディネートの「K値」を割り出してみよう

「K値」の割り出し方

本書では、アイテムごとに「K値」が割り振られています。

  • テーラードジャケット:10K
  • デニム(ノンウォッシュ):5K
  • Tシャツ:3K

などなど。

自分が着ているアイテムのK値を足していき、そのアイテム数で割った値がコーディネート全体のK値です。

knit-vest-1

  • ニットベスト:8K
  • ストライプシャツ:8K
  • ノンウォッシュデニム:5K
  • レザーシューズ:8K
  • メガネ:7K
  • ネクタイ(ニットタイ):7K

これらを全部足すと「43」になります。

これをアイテム数(今回は6)で割ります。

43÷6=7.1

というわけでこのコーディネートは、7.1Kのコーディネートになります^^

soutien-collar-1s

こちらのコーディネートの「K値」も割り出してみましょう♪

  • シャツ:8K
  • ニットタイ:7K
  • カーディガン:6K
  • スラックス:10K
  • レザーシューズ:8K
  • メガネ:7K
  • ステンカラーコート:9K

です。

合計は、「55」です。アイテム数は「7」。

よって、55÷7=7.8Kになります。

こうやって自分のコーディネートを数値で表すとなんか新鮮で楽しいですよ^^


ファッションに論理的に考えたい人にはおすすめの本です!

ファッションの印象は、アイテム単品のイメージだけでなく、全体の雰囲気、トータルのバランスが大事になってきます。

この本ではそのバランスの取り方が詳しく説明されています。

今まで、ファッションはセンスが大事だと考えていた人には、目から鱗の内容です。

ファッションはロジックで組み立てられます。

それを実際に勉強できるのが本書、「大人のための私服の教科書」です。

上記の「K値」こと以外に、

  • 色合わせの方法
  • 軽い・重いのバランスの取り方
  • 小物使い

など役に立つファッションテクニックも盛りだくさん。

おまけにコーディネート力を上げるための付録も巻末に付いています。

ファッションが苦手な方や、大人っぽい格好をしてみたい方ぜひ読んでほしい1冊ですねー^^

スポンサーリンク


30代・大人のメンズファッション通販サイトまとめ

友達限定記事、只今作成中!
友だち追加数
登録すると更新情報が届きます!
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。