black-watch-1

足が太い人でも細身でキレイに見えるテーパードパンツ


こんにちは。

30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです。

今回は、テーパードパンツについて。

このブログでも何回も言ってますが、全体的に細身の印象にした方がオシャレに見えやすくなります。

メンズファッションでおしゃれに見せるなら、基本細身にしてあげた方がいいです。

でも、足が太くて細身のパンツが履けないという人も中にはいるはず。。。

今回は、そんな足が太い人の味方。テーパードパンツについてです^^

スポンサーリンク


メンズファッション用語解説~テーパードシルエット~

今回取り上げるテーパードシルエットですが、

  • 腰やお尻の部分がゆったりとしていて
  • 膝の辺りから裾に向かって段々と細くなっている

このようなシルエットをテーパードと言います。

(テーパードは次第に細くなるという意味)

black-watch-1

こちらはテーパードタイプのパンツ。

腰からお尻・太ももにかけてはゆったりしています。


体格のいい人には、すごくおすすめ

メンズファッションで、全体をキレイに見せてくれるラインの一つにYラインというのがあります。

簡単に言うと、

  • 上半身は大きく
  • 下半身はタイトに

と言う風にボリュームを調整します。

そうすることで全体的に逆三角形のようなシルエットになり、バランスよく見せることができます。

体格のいい人(特に肩幅が広い)はテーパードパンツを履くだけでYラインが作れる

肩幅が広いということは、それだけでYラインの上半身にボリュームを出すという条件をクリアしているのです。

なので、あとは下半身をタイトにするだけです。

その時、下半身はスキニーでもいいのですが、上半身ががっしりしていると下半身もしっかりしている人が多いので、そういう時は腰回りのゆったりしたテーパードパンツを履くといいです。

mock-neck-2

すごく簡単に言うと、肩幅の広い人や上半身がしっかりしている人は、テーパードパンツを履くだけでYラインが作れるということです。

筋肉質だったり、骨格がしっかりしていて全体をタイトにできなくても、足元だけ細くすっきり見せるだけで、全体をキレイに見せることができます。

しっかりと自分の体格を活かしましょう^^


足が太いかつ短足でお悩みなら・・・

足が太いけど細く見せたい場合はテーパードパンツが◎。

更に次の小技をプラスして足を長く見せましょう^^

1.パンツと靴を同系色にする

movie-date-summer-2

人間の目の錯覚を利用します。

パンツと靴を同系色にすることで、パンツと靴の境目をなくし、足を長く見せることができます。

2.長めのアウターを着る

sutien-2015

長めのアウターを羽織るのも◎。

太い所を隠せます。

テーパードを履くなら、ひざ下から細くなっている部分は見せたいので、膝よりは上の長さが良いでしょう。

今日のまとめです^^

  • 足が太くてスキニーが履けない人は、腰回りゆったりのテーパードパンツがおすすめ。
  • パンツと靴を同系色にして足長に見せることで、太めの体型をカバーできる。
  • 長めの羽織り物があると太い部分を隠せてカバーできる。

テーパードはスキニーよりも楽。かなり楽です。

楽できてかつシルエットもキレイに見せてくれるテーパードは持っておきたいパンツの1つです♪

スポンサーリンク

30代・大人のメンズファッション通販サイトまとめ

友達限定記事、只今作成中!
友だち追加数
登録すると更新情報が届きます!
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。