one-tone-code-1

同系色でまとめたコーディネート(ワントーンコーディネート)


30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです。

今回のテーマは、全身を同系色で合わせたコーディネート(ワントーンコーディネート)です。

メンズファッションの中では難易度高めの着こなしです。

ただ、全身黒とか白とか、極端な合わせ方ではなく8割方同系色でまとめた感じにすると割と簡単。

全部同じ色だと変な感じに見えるので、少しだけ他の色も混ぜてあげるのがコツです^^

スポンサーリンク


同系色でまとめた、ワントーンコーディネート

mock-neck-2

最近よくやるのがこの着方。

  • テーラードジャケット
  • スウェットパンツ
  • モックネックカットソー
  • ローファー

です。

インナーだけ白にして、他はネイビーにしています。


one-tone-code-1

グレー中心にまとめてみました。

  • スウェット
  • デニムシャツ
  • スラックス
  • ニット帽
  • スニーカー
  • メガネ

です。

インナーにデニムシャツのブルーを挿すのがポイントです。


メンズファッションの肝~同系色で全体をまとめるコツは?

同系色でコーディネート全体をまとめる際のコツ・ポイントは・・・

  • 黒・ネイビー・グレー・ベージュなどベーシックな色でまとめる
  • インナーや小物で他の色を使ってみる

この2点を抑えれば大体上手くいきます。

黒・ネイビー・グレー・ベージュなどベーシックな色でまとめる

stripe-shrts-1

ワントーンコーディネートは、全身を同じような色でまとめたコーディネートのこと。

なので、色の印象が全身に強く出ます。

別に上も下も赤とか、黄色とかにしてもいいんですけど、めっちゃ難しいと思うので勧めません。

というか変に目立ちますし。。。

(おそらく僕は絶対にしないと思いますw)

やるなら、黒・ネイビー・グレー・ベージュのようなシンプルでベーシックな色がいいですね。

この辺りの色なら、外れないと思います。

インナーや小物で他の色を使う

ワントーンコーディネートなら、大体がトップスとボトムスが同じような色になってきます。

その時にインナーも同系色で合わせるのもアリなんです。

が、その時はインナーとアウターで素材を変えてみたりとか、色のトーンを少しずらしてあげるとか、小技を駆使する必要が出てきます。

でもそれって結構めんどくさいんですよw

それよりもインナーだけ色を変えて、ワントーンの中にちょっとだけ変化を与えるのが簡単です。

set-up3-s

インナーに白いカットソーを入れるだけ。

インナーと外でメリハリをつけるからこそ、外のまとめたグレーが引き立ちます。

one-tone-code-1

スウェットの中にデニムシャツを入れています。

襟、裾、袖から除くデニムの青が、全身のグレーに対していいアクセントになります。

こういうプルオーバータイプは、シャツとかモックネック・タートルネックなどが合わせやすいです。


今日のまとめです^^

ワントーンコーディネートは、

  • 黒、ネイビー、グレー、ベージュなどのベーシックな色を使う
  • インナーや他の色を使う

この2点が大事なので、同系色でまとめる時は参考にしてみてください。

最近は、ベーシックな色(ネイビーやグレー)をメインに使うコーディネートがいろんなショップで見かけます。

ベーシックな色は他人と差が付けづらかったり地味に見えたりするので、こういう着方で工夫してあげるとオシャレに見えますよー^^

↑どんなコーディネートにも合わせやすい、白カットソー♪

(大手通販サイト、Amazonより引用)

スポンサーリンク

30代・大人のメンズファッション通販サイトまとめ

友達限定記事、只今作成中!
友だち追加数
登録すると更新情報が届きます!
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。