down-vest-5s

インナーで変えるダウンベストのメンズファッションコーディネート


重ね着が大好き^^

30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです♪

今回のテーマは、ダウンベスト

袖がないアウターなだけに、重ねるアイテムによって防寒性が変化するので、長い時期使える有能アウターです。

そんなダウンベストの着こなし・4パターンです^^


メンズファッション用語解説~ダウンベストの特徴

ダウン(羽毛)を中に詰めたベスト、ダウンベスト。

ダウンは暖かく保温性が高いのが特徴(布団にも使われますね。)で、弾力性があるので、膨らみやすいです。

なので、ダウンベストやダウンジャケットというのは、モコモコしやすいです。

そういう特性があるため、1枚羽織るだけでボリュームが出せ、着こんだ感じや防寒のイメージなど、秋冬の印象を作ることができます♪

まだ少し気温が高い、でも秋っぽく見せたい。

そんな時は、シャツの上から羽織ってみましょう


ダウンベスト×シャツのパターン

down-vest1

  • ダウンベスト
  • ギンガムチェックシャツ
  • デニム
  • ポストマンシューズ
  • ハット

10月中盤~ならこれくらいでいいんじゃないでしょうか?

シャツの柄や色の変えるだけで見た目が変わってきますので、シャツの数だけパターンの数も増えますね

赤いチェックシャツなんかもありですね^^

シャツ1枚じゃ物足りないとき、上から羽織るだけで秋の季節感を演出できます

スポンサーリンク


もう少し寒くなってきたら・・・

重ねるアイテム次第で、防寒性をコントロールできる優秀アウター、ダウンベスト。

もう少し寒くなってきたら(11月とか)、カーディガンやパーカー、セーターの上から重ねてみましょう^^


ダウンベスト×パーカーのパターン

down-vest2

1枚目のコーディネートにパーカーを加えたコーディネート。(ダウンベストのフードは外しました。)

パーカーをインナーとして使うと、フードがアクセントになるので、オススメです^^


ダウンベスト×カーディガンのパターン

down-vest3
こちらは、1枚目のコーディネートにカーディガンを加えたパターン。

カーディガンの素材がウールなどになってくると、暖かさは増します♪


更に寒くなってきたら・・・

更に、さらに寒くなってきたら、ジャケットなどとのアウターの上からダウンベストを重ねましょう。

最近ではアウター×ダウンベストというコーディネートも流行ってきています♪


ダウンベスト×テーラードジャケットのパターン

down-vest4

こちらはニットテーラードジャケットを重ねたパターン。

ダウンベストはカジュアルな要素ですが、テーラードジャケットと合わせても問題はありません。


このコーディネートにネクタイを重ねるのも◎

マフラーまで加えてあげれば、かなり暖かいです。


メンズファッションの肝~ダウンベストを着こなす時の注意点

ダウンベストは弾力性があって膨らむ特徴があります。

なので、重ね着すると着膨れする恐れがあります・・・

なので今回紹介した着こなしパターンは、全部前を開けてます

こうすることで全体的にすっきり見えるんですよ。

細いデニムなどで合わせれば、Iラインを強調することもできます

寒くても、前は開けましょう 笑

オシャレは我慢も必要です♪


今日のまとめです^^

  • ダウンベストは羽織るだけで、秋冬の季節感を演出できるアイテム。合わせるアイテムによって防寒性をコントロールできる優秀アウター。
  • 気温が高いときは、シャツ。寒くなってきたらパーカー、カーディガン、セーターの上から。ジャケットの上から重ねてアウター×ダウンベストの着こなしも◎
  • 着膨れする恐れがあるので、前は開けるようにして着る。Iラインを意識して、細いパンツと合わせれば、ダウンベストのモコモコ感が減ってすっきり見える。

ダウンベストは袖が無いので、他のアウターと比べて動きやすいのが特徴。普段自転車に乗ったりするアクティブな人にはオススメです^^

(大手通販サイト、Amazonより引用)

スポンサーリンク

30代・大人のメンズファッション通販サイトまとめ

友達限定記事、只今作成中!
友だち追加数
登録すると更新情報が届きます!
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。