factotum-2s

FACTOTUMの生(リジッド)デニムは使いやすさNo.1!


大抵、デニム履いてます。

30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです^^

今回は、FACTOTUMの生デニムについて

simaイチオシのFACTOTUMのデニム。ラフなコーディネートもキレイで、どこか大人っぽく見せてくれる、使い勝手のいいデニムです。

そんなFACTOTUMの生デニムとその魅力・着こなしについて書いていきます♪

スポンサーリンク


FACTOTUMのデニムを使ったファッションコーディネート

ma-one-2

こちらは、FACTOTUMのデニムに、MA-1を羽織ったコーディネートです。

MA-1はミリタリーのアイテムで、ラフな印象が強くなりやすいんですが、このコーディネートはキレイな印象の方が強くないですか?

これが、FACTOTUMのデニムの効果。

カジュアルな服も、キレイに大人っぽく見せてくれます♪

movie-date-summer-2

こちらは、夏のコーディネート。

デニムとカットソーだけのシンプル&ラフなコーディネート。

これも、ラフだけど全体的にキレイな印象じゃないですか?

デニム+カットソーというシンプルかつラフなコーディネートもFACTOTUMのデニムを使えばキレイな印象に早変わりです。

ぶっちゃけ、Tシャツとかカットソーで外出する時、FACTOTUMのデニムを使った方が圧倒的に女性ウケがいいですw

postman-code-2.1

こちらは、スウェットで合わせたラフなスタイル。

カジュアルなスウェットと合わせても、やはりキレイな印象が出ます。

デニムというカジュアルな部類のアイテムなのに、キレイな印象を作ることができる。

それがFACTOTUMのデニムです。


 simaがFACTOTUMのデニムをオススメする理由

デニムなので、どんなアイテムとも合わせやすいっていう利点もありますが、特にオススメするポイントは、

  • ラフなTシャツスタイルでもキレイに見せてくれる。
  • 足が長く見える

この2つですね。

なぜ、FACTOTUMのデニムは、ラフなTシャツスタイルでもキレイに見え、足が長く見えるのか?

答えはシルエットと、形にあります♪


細身の物=キレイな印象を作る

これは、人間の視覚の話になりますが、細いものはキレイに。太い物はカジュアルに見えるという特性があります。

shirts-tie-1
(太いデニム着用時)

shirt-tie3
(FACTOTUMのデニム着用時)

上と下の写真の違いは、履いているデニムだけです。他のアイテムは全部同じです。

どちらが、キレイな印象でしょうか?どちらが、カジュアルな印象でしょうか?

おそらく、細いデニムを履いている下の写真じゃないですか?。


細いシルエットのパンツは、それだけで足が長く見える

細いシルエットは、相手の目線が上下に動きます。それにより全体的に縦長の印象を受けます。

それが、足を長く見せるんですね。

shirts-tie-1
(太いデニム着用時)

shirt-tie3
(FACTOTUMのデニム着用時)

先ほどと同じ写真を比べてみます。どちらが足が長く見えますか?


濃いインディゴが、カジュアルな雰囲気を消している

jhonbull-4s

右がFACTOTUMのデニムです。左は通常のデニム。

比べてみるとFACTOTUMのデニムの方が、濃いインディゴですよね。

ブルーが強かったり、洗いをかけたり、色落ちしたデニムはカジュアルに見えます。

でも、色落ちが少ない、濃いインディゴは、デニムでもカジュアル感が消えます。すごくキレイな印象になります^^


濃いインディゴの理由は生デニムだから

生デニムとは、一言でいうと、「加工をしていないデニム」のこと。未加工のデニムのことを指します。

未加工であるため、インディゴ本来の濃い色がそのまま出ています。

一般的に流通しているデニム生地というのは、洗い加工と言って、洗ってい色を落としたりしています。それが、カジュアルな感じを作っているんです。

なので、それをしていないFACTOTUMのデニムは、キレイに見えるんです^^


デメリットもあります

個人的には、あまり不自由を感じませんが、人によっては違和感を感じると思うので、何点かデメリットもお伝えします。

1.生地が硬い

先ほど、生デニムは洗い加工をしていないということを書きました。そうすると、生地が出来上がった時点で付いている糊が付いた状態なんです。(シャツをアイロンする時に使う、パリっとさせるあの糊です。)

糊の付いた状態のデニムは硬いです。バキバキですw

初めて履く人は、違和感を感じるでしょう。

2.結構細い。太ももがピタっとする。人によっては窮屈に感じるかも

細いストレートシルエットのデニムです。太ももにピタっとする感じがします

普段、細いパンツを履かない人は窮屈に感じるかもしれません。


デメリットとどう向き合う?

simaも最初使ったときは、違和感を感じました(特に硬さ)。

じゃ、これらのデメリットとどう付き合っていくか、というと、もう慣れるしかないですw

factotum-1s

(simaの私物のFACTOTUM。2年以上使ってます。)

2年以上使っているFACTOTUMのデニム。クタクタになって柔らかくなってます。

そう。使っている内に柔らかくなってくるんですよ。買ったばかりの靴が硬いのと一緒で、あとは慣れるしかありません。

足がピタっとする、という点も一緒です。慣れるしかないです。窮屈に感じるのも、気にならなくなるし(柔らかくなってくるので、余計気にならなくなります)、それよりも、全身が細身でスッキリ見えるメリットの方が何倍も嬉しいです。

買った時は、鏡の前で何度も見ましたね。映った自分のスタイルがキレイに見えるのでw

simaは身長が165cmしかありませんが、FACTOTUMのデニムを履くと170cmに見られることもしばしばあります♪


デニム1本で、¥17,000は高い?

FACTOTUMのデニムは大体、¥17,000+税くらいの金額がします。

たかがデニムにそんなにお金を掛けること、おかしいってたまに言われます。

でも、¥17,000で自分の体型がスラッとキレイに見えるんだったら、安いと思うんですよ。身長も足も、自分の力で伸ばすことはできないですからね(当たり前ですけど。)

あと、乱暴に扱わなければ、3年は軽く持ちます。1年あたり約¥6,000くらい。

そう考えれば、他のパンツ買うのとそう大差はないと思いません?


FACTOTUMのデニムは、色んな雑誌に掲載されるほど、人気のアイテム

メンズジョーカー、メンズノンノを初め、いろんな雑誌に毎シーズン載ってます。それだけ人気なんです♪

factotum-2s

FACTOTUMは有働幸司氏が設立した日本のブランド。

ブランドコンセプトは、「デニムに対する深い思いと、ワークとモードの融合」です。コンセプトの中にデニムが入っていることからも、デニムに対する思いが強いブランド。

なので、デニム作りにはこだわりが強いし、品質にも定評があります。ファンもかなり多いです。

なので、売り切れになるお店も結構多いんですよ。

気になる人は、早めにチェックしておいた方がいいです♪


今日のまとめです^^

  1. FACTOTUMのデニムは、デニムというカジュアルなアイテムでありながら、キレイな印象を与えてくれる便利なアイテム。
  2. 細身のシルエットなので、足が長く、身長も高く見える。その細身のシルエットがカジュアルなスタイルでもキレイな印象を与えてくれる

使い方は簡単。履くだけですw

履けば、自分の見た目がガラっと変わりますよー。

足が細くて長くて、洗練されたオシャレな大人の男に生まれ変わる。

それがFACTOTUMのデニムです^^

FACTOTUMのデニムはメンズファッションセレクトショップ【バーズアイ】
で購入できます。



スポンサーリンク

・まとめてみました→30代・大人のメンズファッション通販サイト

登録すると、更新情報が届きます♪
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

清き応援クリック、お願いします^^


にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。