padrone-logo

メンズファッション・オススメの靴ブランド~PADRONE~


服より靴にお金かけます^^

30代目前・名古屋のメンズファッションブロガー、simaです^^

今回は、オススメの靴ブランドPADRONE

ここ2,3年で有名になってきた感じがしますが、

まだ、知らない人も多いはず。

そんなPADRONEの魅力、お伝えします。

スポンサーリンク


メンズファッション用語解説~ファクトリーブランド~

ファクトリーブランドって言葉、ご存じですかね?

ファクトリー=工場という意味です。

padrone-logo
街でたくさん、洋服だったり靴だったりを売っているショップ、ブランドはありますが、

そこに置いてある商品は、そのショップ、ブランドが作ったものではありません。
(生産という意味で。企画やデザインはブランドがやっていると思いますけどね。)

そもそも、服や靴をデザインして、生地なんかを仕入れて、生産して店頭で販売するっていう流れを1つの会社で全部やろうと思うと、資金が莫大になってきます。

生産するためには、工場などの設備を整える必要がありますからね

そんな莫大な資金を持っている会社はそう多くありません。

服と靴とアクセサリーと・・・扱うアイテムが多くなればなるほど、それを生産する工場も数が必要です。

なので、ほとんどの会社は企画やデザインをして、それを外部の工場に生産を依頼するのです。
(下請けのメーカーってイメージですね。)

 

今回紹介する、PADRONEも元々は下請け側の工場

色んなブランドから靴の生産を受注してきたから、その靴作りの技術は優れているんですね。

そんな卓越した技術を使って、自社ブランドを立ち上げました。それが、PADRONE

このように、元々生産を主に行っていた工場が、自社で作ったブランドをファクトリーブランドと呼びます。


靴をずっと作り続けてきたからこそある技術をリーズナブルに

ファクトリーブランドのいいところは、有名なブランドに提供してきた技術が詰まった物を安く購入できることです。

ブランド側を通さず、自社で販売するために、余計なコストがかからず安く手に入るんですね。

camel-shoose-1
(この靴sima愛用のPADRONEです^^)

 

価格が大体¥30,000~くらいでしょうか。

上の写真の靴が、¥35,000くらいで、今年の10月で5年目突入なので、1年あたり¥7,000ですね。

お手入れをしっかりすれば、このくらいの年数は使えますし、ソールの張替もできますしね♪
(ただし、マッケイ製法なので、何回も張り替えるのはNGですね。。)

以前も記事に書いた、シューツリーを入れるとか、定期的に磨くとかそういうお手入れ習慣が大事です^^


PADRONEを使ったコーディネート

さて、このブログでのコーディネート写真でも沢山PADRONEの靴を使用しています。

いくつかご紹介。

navy-cardigan2

カジュアルなブルゾンを、キレイ目な雰囲気に仕上げたコーディネート。

インナーにはカーディガンを閉めて、キレイな雰囲気をプラス。

デニムも細身でキレイ目に。そこに、PADRONEの靴です^^


knit-cap3

今、流行のニットキャップを使ったコーディネート。

全体を細身にまとめて、キレイな印象に。

そこにPADRONEの靴を使いました♪


今日のまとめです^^

  1. simaオススメの靴ブランドはPADRONE。ファクトリーブランドの持つ技術をリーズナブルに購入することができる。
  2. 手入れをちゃんとやれば、5年くらいは使える優秀な靴が豊富にそろっているブランド。

オシャレは足元から。

その足元の技術が詰まった靴、それがPADRONEの靴です^^

その靴作りに多くのメンズファッション通が注目してます。こちらはBEAMS別注のバレーシューズ↓

(大手通販サイト、Amazonより引用)

スポンサーリンク

・まとめてみました→30代・大人のメンズファッション通販サイト

登録すると、更新情報が届きます♪
follow us in feedly

こちらのアプリからも更新情報が届きます♪

メンズファッションのブログまとめニュース速報

清き応援クリック、お願いします^^

にほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。